助動詞の基礎知識


助動詞は1・2講座と違って、理解する内容は少なくどちらかと言えばひたすら暗記する単元です。 各助動詞の用法と訳を覚えて、ぱっと言えること。これを目標にしてください。まず基礎知識の 確認をしておきましょう。

1. 助動詞の後ろは動詞の原形がきます。

ex. It may be true.

2. 助動詞は主語の人称や数によって変化はしません。

ex. John can swim.  (John can swims.×

3. 助動詞には同じ意味の熟語があります。(重要)

ex. will = be going to  [未来表現]
can = be able to「〜できる」
must = have to「〜しなければいけない」
should = ought to「〜すべきだ」 発音は「オートゥ」

4. 助動詞の後ろに別の助動詞を続ける場合は下のようになります。

ex. The baby will can walk soon.  ×
The baby will be able to walk soon.    (will have×  will have to
「赤ちゃんはすぐ歩けるようになりますよ」

5. 疑問文で助動詞は文頭に移動し、動詞は原形のまま。否定文では助動詞の後ろにnotをつけます。

ex. May I be here? ― No, you must not be here.

6. 助動詞の種類(この後で説明します)

ex. will / shall / be going to / be about to / be to
must / have to
can  / be able to
may
should / ought to
had better
would / used to
need
do

 

 前へ l  助動詞トップ l  英文法トップ l  次へ