may/must/can'tの用法と訳し方は?


may/must/can'tは共通して、[推量=推測すること]と[許可=許す/許さない]の2つの表現を 表します。どの訳になるかは、文中の前後関係から判別しますが、推量表現では後ろにbe動詞が 続く文が多く見られます。もちろんmust「〜しなければいけない」[義務]、can't「〜できない」などの 基本的な訳も忘れてはいけません。

may/must/can'tの用法と訳し方
推量表現
 may 「〜かもしれない」
 must 「〜に違いない」
 can't 「〜のはずがない」
許可表現
 may 「〜してもいい」
 mustn't 「〜してはいけない」

ex. It may sound starange. 「それは奇妙に聞こえるかもしれない
He must be tired of the rumor. 「彼はその噂に飽き飽きしているに違いない
The rumor can't be true. 「その噂は本当のはずがない
Can the rumor be true? 「その噂は本当なのだろうか」[強い疑念]
May I come in? 「入ってもいいですか
You must not(=mustn't) park here. 「ここに駐車してはいけません」(発音はマスント) 「

mustは元々「〜しなければいけない」という強制的な圧力をイメージさせる言葉です。 それが根っこにあるので、[推量][許可]表現でも上のような訳になるわけです。
  may「〜かもしれないなぁ」(弱) ⇒ must「(いやきっと)〜に間違いない!」(強)
can'tはこの逆だと覚えましょう。
  may(弱) ⇒ must(強) ⇔ can't「(いやきっと)〜のはずはない!」(強)

 

 前へ l  助動詞トップ l  英文法トップ l  次へ