難易度を意識するとこのように見えてきます
大学の入試問題は、必ず何割かの応用問題・難しい問題を含んでいます。大学や学部間によって 比率は違ってきますが、大体下のようなイメージですね。この中の基礎問題のCと実践問題のBだけを 優先して解いていくようにするわけです。

それを実際の入試問題で当てはめてみましょう。嗅覚が働いてくると下のように各設問の難易度を 嗅ぎ分けられるようになってきます。(1)は「てこずりそうだ」と分かれば、(2)(3)(4)を 優先的に解いて、時間があまれば(1)に戻るというふうにやります。

もちろんこれは、演習をやる時にいつもその難易度、正しくは自分の習熟度=力量に対しての難易度を 意識していなければいけません。「これは習った知識の寄せ集め問題だから解けそうだ」とか 「こんな変な構文は見たことがないからてこずりそうだ」といったことです。普段皆さんがやっている ことをもっと意識してやっていけば、この嗅覚が身についてきます。
← 前へ |  難易度の把握トップ |  英文法トップ |  次へ →