大事なのは正解・不正解ではありません
実際に目の前で示せない分、説明では手順が少し分かりにくいかもしれません。ぜひ自分でも同じように やってみて下さい。より実感できると思います。

「チェックをつける」のはこのようにします。 問題を解いて自信があるものには番号の上に

少しでも自信がないものには番号の前にこの印、レ点のチェックをつけます。

演習問題をやる時に、一問解くごとにこのチェックをつけていきます。鉛筆でかまいません。 答え合わせをする前につけることが大事です。そうするとこのようになってくるはずです

さて解き終わったら、次は答え合わせをして比べてみましょう。この時は赤ペンに持ち替えます。 そうしたらこのような結果になりました。

これを見て、この問題の中で一番自分にとって重要なのはどれでしょうか? (考える時間30秒)

 

(1)(4)は自信があった、そして正解したのですから、これが理想です。

(3)は自信がなかったのですから、たまたま正解してしまったものの、これは復習が必要な問題です。 正解したといっても(1)(4)とは意味が全く違いますね。チェックをしたので この違いが見えてきました。

(5)は自信がなくて間違えたので、ある意味OKです。もちろんこれも復習が必要 ですが、大事なのは、自分が間違えた問題を自信がない、あるいは知らない知識だと判断してレ点の チェックをつけられたことです。 自分の予想どおりの結果だからOKなのです。もう一つの不正解(2)と比べてみましょう。

(2)は自信があって間違いだった、これが一番問題です。つまり 自分の中で自信を持って「この知識はこうだ」という思い込みがあるわけです。 でもそれが間違っているということは、その思い込みを崩して、新しい知識(あるいは考え方) を入れ直さなければいけません。(5)の、知らなくて新しい知識を入れるのに 比べれば、より大変な作業になります。同じ×がついた不正解でも、(2)と(5)はそういう 違いがあります。

結論ですが、重要なのは○×の正解か不正解かではなく、自信を持って答えられるかどうかということです。 ○であっても(3)は要復習ですし、その復習が必要な(2)(3)(5)の中でも特に(2)は最重要課題です。 このように、答え合わせの前に解きながら一問づつチェックをつけることで、見え方ががらりと違ってきます。

← 前へ |  難易度の把握トップ |  英文法トップ |  次へ →