模試や赤本演習でもチェックをします
模試や赤本の過去入試問題をやる時にもチェックを入れてみましょう (単語帳でのチェックは少し勝手が異なるため、別途の単語帳の単元で説明します)。 自分がどのくらい正しく難易度を把握できていたのか、長文問題なども全く同じ手順で やります。今までと違って、自分の実力をもっと正確に読み取れると思います。

さて、話はここでいったん終わります。 この単元は「難易度を意識することで効率の良い解き方をしていく」ことを目標に 説明してきたわけですが、同時に自分の習熟度と弱点が分かるというのも大きなポイントでした。 次の2講座「チェックの派生」では、更にこの方法を工夫して学習効率を上げていきます。
← 前へ |  難易度の把握トップ |  英文法トップ