習熟度を明示しましょう (2)
Aさん、Bさんの例で説明しましょう。一週間後(or一ヵ月後)にまた復習したとします。 二人とも同じやり方でチェックをしましたが、Bさんは色ペンを使いました。

Aさんの単語帳

Bさんの単語帳

一週間や一ヵ月も時間が経てば、覚えていた単語でもいくつか忘れるのが 当たり前です。二人のを見比べると分かるように、 Bさんのは覚えている単語といない単語、その優劣がはっきり見てとれます。 比べるとAさんのはぼやけてよく分かりません。

233 classify は時間が経っても覚えていたので、かなり定着しているようです。もう復習しなくても いいかもしれません。それに比べて234 formula はどうでしょう?前に覚えた頃には 233 と同じくらい 習熟していたのに、時間が経ったら忘れていました。

実はこれはとても大事なことです。つまり同じ時間を費やしたものでも、 同じ習熟度であったものでも、時間が経てば必ず 習熟度(=定着度)には優劣ができているということです。 これをはっきり目に見えるようにしなければいけません。

手元の膨大な学習書から、「分かるからもうやらない!これはもう終わり!」 「不安だから復習!未消化なのはこことここ!」 と「より分け」をしましょう。習熟度(=定着度)の明示ですね。 消化した部分を捨てていくことで自信にもつながり、より効率的な学習になっていきます。
さて、これにまた一つ工夫を加えましょう。

← 前へ |  チェックの派生トップ |  英文法トップ |  次へ →