習熟度を明示しましょう (3)
時間をおいて復習した時に忘れていた単語は、やっぱり自分にとって 覚えにくい単語です。そこから先は、ぜひ先生のアドバイスをもらいに いきましょう。この次の「もうひと工夫」とは、もちろん先生に質問に行くことです。

(単語帳の例なので質問する必要はないと思うかもしれませんが、もう少し広げて、 文法の問題集や、理数系科目の問題集をイメージして読み進めて下さい。)

さて、生徒がこれ↑を手にして質問に来たところです。 先生が見れば、一目でどこをどのくらい練習したのか、 その習熟度はどのくらいか、その上でひっかかっている箇所がどこなのかが すぐに分かります。 「この問題までクリアしているから、この間違っている問題は〜の 考え方を説明してあげればできるはずだ」というように、より適切なアドバイスを してあげられます。先生側からしたら、これほど良い質問の仕方はありません。

生徒の中には、質問が曖昧なまま持ち込んで来る場合がよくあります( 前述のこちらを参照)。 チェックをつけ、色を使ったりして習熟度を明示することは、 自分で学習度を把握するだけでなく、実は先生に自分の達成度を一目で把握してもらう ためでもあるわけです。学習は自分だけでは成りません。 先生に協力してもらうための工夫というものも、心に留めておきましょう。

← 前へ |  チェックの派生トップ |  英文法トップ |  次へ →