動名詞の意味上の主語の表し方は?

動名詞も不定詞と同じように、意味上の主語(S')・述語(V')・目的語(O')の 関係をまだ持っています。意味上の主語の表し方は、不定詞とは少し違い、 動名詞の前に所有格か目的格をおきますが、訳し方や考え方は変わりません。it 〜 for 〜 to でやったように、 節への書き換えも問われます。

動名詞の意味上の主語の表し方
動名詞の前に所有格か目的格をおく
名詞の所有格は’(アポストロフィ) Sをつけます  例) father ⇒ father’s「父の」
 
ex
 
He is proud of being famous.  (動名詞の意味上の主語は)
= He is proud that he is famous.
「彼は(自分が)有名なのを自慢している」

 
 
 
 
He is proud of his father’s[his father] being famous.
= He is proud that his father is famous.
「彼は父親が有名なのを自慢している」

 
主格 所有格 目的格
代名詞 he 〜は、が his 〜の him 〜を、に
名詞 father 〜は、が father’s 〜の father 〜を、に
 
← 前へ |  動名詞トップ |  大学受験の英語講座トップ |  次へ →