意味上の主語にofを使う時は?


to不定詞の意味上の主語はfor+人の形でしたが、it 〜 for 〜 to 構文で〜にはさまる形容詞が 「人の性質を表す形容詞」になると、it 〜 of 〜 to 構文になります。 この形容詞は頻出語がほぼ決まっているので、暗記しておきましょう。

it 〜 of 〜 to 構文の形容詞
 nicegoodkind 親切な  polite 礼儀正しい  wise 賢明な  (+の形容詞)
 sillystupidfoolish 愚かな  rude 無礼な  careless 不注意な  (−の形容詞)

it 〜 for 〜 to 構文との違いは、形容詞がどこを修飾しているかの違いです。和訳から確認してみましょう。

ex. It is natural for parents to love their children.
「親が子供を愛するのは自然のことです」

親が子供を愛すること」を natural「自然だ」と言っています。parents「親」= natural「自然だ」と言っているわけではないですね。対して

ex. It is careless of you to make such a mistake. 
「そんな間違いをするなんて君は不注意だな」

君は」=「不注意だ」と言っています。このように、意味上の主語を修飾する「人の性質を表す形容詞」 になった時に of が使われます(でも難しく考えずに形容詞を覚えれば十分です)。you = careless と 言っているので、下のような書き換えが出来ます。スラッシュを入れるところも、to不定詞の前の方が 意味が分かりやすいですね。

ex.

It is careless of you to make such a mistake. 
You are careless to make such a mistake.
You are careless / to make such a mistake.
「君は不注意だな / そんな間違いをするなんて」
It is careless of you / to make such a mistake. 

 

 前へ l  不定詞トップ l  英文法トップ l  次へ