(  )内に適する前置詞を入れ、全文を和訳しなさい。

(1) It is quite careless (    ) him not to write it down.

(2) It is necessary (    ) you to learn the words by heart.

(3) It is very kind (    ) her to give up her seat to the old woman.

(4) It will be better (    ) you to start early tomorrow.

 

ヒント

(1) write down「書きとめる」
(2) learn by heart「暗記する」
(4) better は good の比較級です。つまり

It will be good (    ) you to start early tomorrow.
「明日早く出た方がいいよ」

この場合の good は「親切な」ではなく「良い」の意味なので、good≠you、つまり for です。good だけは このように2つの使い分けがあるので、意味から for/of を考えます。

 

 前へ l  不定詞トップ l  英文法トップ l  次へ