総合問題(8〜11)
[  ]内の指示に従って答えなさい。

(1) We all know it to be true.

[和訳]
(2) I believe him being honest.

[誤文訂正]
(3) You can't expect (    )(    )(    ) you with your work.
「彼がきみの仕事を手伝ってくれることは期待できない」

[適語補充]
(4) You are crazy to let such a young girl drive your car.
= It is

[It isから書き換え]
(5) You must be                             .
「時間を無駄にしないように注意しなければいけませんよ」

[部分英作]
(6) I think there is no need (    )(    )(    ) explain.
「あなたが説明する必要はないと思いますよ」

[適語補充]

 

ヒント

(1) to不定詞の訳し方は、、と考えるところですが、「ask 人 to do構文」の 形なのです。実は人以外でも意味上の主語になれるのです。これは慣れないと気づけないですね。
ex. I want you to keep waiting for some time.   (=you(S') keep(Vi') waiting)
We all know it to be true.   (=it(S') is(Vi') true)
(2) 「ask 人 to do構文」の代表格に believe があります。この動詞を辞書で引いてみると、 1.SVO 2.SV(that)節 / SVO(=to be)C となっています。この形しかなれない わけです(実際に見てみましょう)。動詞がつくる文型や文の形は、意識しすぎるとそれで頭が いっぱいになってしまいますが、よく見かけるものだけでも知っておいた方がいいでしょう。 これを機会に少しずつ吸収していきましょう。(^-^)
ex. I believe him being honest. ×
I believe him to be honest. 
(4) let(Vt)「(許可して)〜させる」
(5) waste(Vt)「〜を無駄にする」
(6) 「あなたが説明する ⇒ 必要(need 名詞)」と名詞 need を修飾する形容詞の関係になっています。 need ← to explain これに意味上の主語を加えて完成です。

 

 前へ l  不定詞トップ l  英文法トップ l  次へ