It 〜 to 構文の訳し方は?


ex. 一日でその仕事を終わらすことは難しいよ」
To finish the work in a day is difficult.

上の日本文を英作した英文は、実際の英語ではあまり好まれないようです。英語では大まかなこと (=伝えたいこと)を先にいう傾向があるのに、話者が一番伝えたい内容の「難しいよ」が最後に来ているので、 聞き手は少しまわりくどいと感じるようです。そこでとりあえず、「一日でその仕事を終わらすことは」を 「それは(=it)」に置きかえてしまいます。

ex. To finish the work in a dayis difficult.
Itis difficult.  「それは難しいよ」

これで「難しいよ」が前に出てきて、話者の伝えたいことがすぐ分かります。後ろに「それ」の内容を移動して It 〜 to 構文の出来上がりです。このItは飾りで置かれているので、[形式主語]とか[仮主語]のitと呼ばれています。

It is difficult / to finish the work in a day.
それは難しいよ / その仕事を一日で終わらすのは

It is difficult to finish the work in a day.
その仕事を一日で終わらすのは難しいよ」

It 〜 to 構文の用法と訳し方
to不定詞の用法元々は主語(S=名詞)だったので名詞的用法。
文節の区切りtoの前にスラッシュを入れます。訳す時も 文節ごとに訳し分ける方が、長文になった時にも対応できます。
 

  この to不定詞の代わりにthat節が使われると、It〜that構文になります。

It is a good idea / that you study things around you.
それはいい考えだ / 周りのことを学ぼうとすることは

It is a good idea that you study things around you.
周りのことを学ぼうとすることはいい考えだ」

 

 前へ l  不定詞トップ l  英文法トップ l  次へ