it 〜 to/it 〜 that 構文の2種類の用法


it 〜 to 構文はto不定詞が主語の位置で使われていた文ですが、名詞的用法で名詞の代わり になれるということは、当然目的語にも補語にもなれるということです。 it 〜 to 構文が目的語に使われた形(これは必ずSVOCの第5文型になる)と、ついでにit 〜 that 構文も紹介します。 特に接続詞のthatを使った文などは、英文が長くなりやすく、長文中では構文の把握がいっそう大事になってきます。そのためにも 短い文の内からスラッシュを入れて文節を意識するトレーニングをしていきましょう。

it 〜 to/it 〜 that 構文が主語で使われている場合
.

ex. It is very important / to choose good friends.
「それはとても重要だ / よい友人を選ぶこと」

It is certain / that he will succeed.
「それは確かだ / 彼が成功すること」

it 〜 to/it 〜 that 構文が目的語で使われている場合(SVOCの第5文型)
.

ex. I found it hard / to walk in the deep snow.
「私はそれを困難だと分かった / 深い雪の中を歩くこと」

He made it clear / that everyone objected to the plan.
「彼はそれを明らかにした / みながその計画に反対だ」

 

 前へ l  不定詞トップ l  英文法トップ l  次へ