疑問詞 What を含んだ文の受動態
「疑問詞は無視して受動態に書き換えられる」とありましたが、 実は What と Who の疑問詞は主語(S)と目的語(O)になることがあるため、 この場合は書き換えに関係してきます。いずれにしても、3つの部分をしっかり確認すれば 難しくはありません。1講座の文型を判別する基礎力があれば大丈夫です。

ex1 What do you call this bird in English?
    「この鳥を英語で何と呼びますか」

[能動態]
やはり3つの書き換え部分を確認

その他の語句主語(S) 述語(Vt)目的語(O)修飾語句
What doyoucallthis birdin English?

ここでの what は補語(C)に当たっているため、二者関係に入っていません。 疑問詞を含んだ文として、普通に書き換えができます。

[受動態]
普通に書き換えた後で疑問文に What this bird is called in English? 
⇒ What is this bird called in English? (by you は通例省略されます)
 「この鳥は英語で何と呼ばれていますか」

  

ex2 What does he suspect?  suspect 〜を疑う(Vt)
    「彼は何を疑っているんですか」

[能動態]
3つの書き換え部分を確認

目的語その他の語句主語(S) 述語(Vt)
Whatdoeshesuspect

ここでの what は目的語(O)に当たっているため、二者関係に入っています。 語順がひっくり返っていて分かりにくいで、親切に?元に戻して考えてみましょう。その後は what が疑問詞であることを忘れて、普通に書き換えをしてみます。

その他の語句主語(S) 述語(Vt)目的語
doeshesuspectwhat

[受動態]
元の文の目的語が受動態での主語になるので
⇒ What is suspected by him?
 「何が彼に疑われているんですか」  

疑問文は普通この後で語順を入れ替えていましたが、この文では 最初から疑問文の語順になっているので、これで答えになります。注意点ですが、what に限らず 疑問詞を主語にした場合、述語は単数形で受けます。(三単現のSも同様)

cf Who is that man? / Who love you?

← 前へ |  受動態トップ |  英文法トップ |  次へ →