疑問詞 Who を含んだ文の受動態
What と同様に疑問詞 Who も主語(S)と目的語(O)になることがあるため、 この場合は書き換えに関係してきます。実はこの答え方が3通りあるため、この疑問詞が問題に使われやすいのです。 形は3通りですが和訳は全部同じです。

ex1 Who discovered America?
    「誰がアメリカ大陸を発見したのですか」

[能動態]
やはり3つの書き換え部分を確認

主語(S) 述語(Vt)目的語(O)
WhodiscoveredAmerica

ここでの who は主語(S)に当たっているため、二者関係に入っています。 who が疑問詞であることを忘れて、これも普通に書き換えをしてみましょう。

[受動態]
⇒ America was discovered by whom? (前置詞の後ろはもちろん目的格)

疑問詞は文頭に、be動詞も移動するので答えは
⇒ Whom was America discovered by? ・・1
  「アメリカ大陸は誰に発見されたのですか」

これにあと2種類変化した答えがあります。1から変化したもので、まず前置詞は普通「前置詞+名詞=前置詞句」という かたまりとして扱うので
⇒ By whom was America discovered? ・・2

最後も1から変化したものです。文頭に目的格の whom はおかしい。つまり普通文頭にあるのは 主格の語(he/she/who など)なので
⇒ Who was America discovered by? ・・3

3の Who を「誰が」と訳すのは×です。元は Whom を強引に主格の Who にしているだけなので、 「誰に、誰を」と本来の目的格で訳しましょう。少しおさえなければいけないポイントはありますが、基本的に 書き換えに関係する二者関係の印をしっかりつければ、対応できるハズです。  

疑問詞を含んだ文の受動態
二者関係になれる疑問詞は What と Who だけ
Who の受動態は3通りの書き換え
⇒ Whom was America discovered by
⇒ By whom was America discovered?
⇒ Who was America discovered by
 
← 前へ |  受動態トップ |  英文法トップ |  次へ →