群動詞による文型の考え方
群動詞とは、動詞+前置詞や他動詞+目的語+前置詞などの形で、 全体で1つの動詞と同じ働きをするものをいいます。主に熟語(=イディオム)として 紹介されるもので、この内容は受動態の知識よりも熟語力の方が重要になります。

ここでは1講座からの簡単なまとめとして、文型や自動詞・他動詞のおさらいと補説をしていきます。 1 自動詞・他動詞や文型の意識

1講座以降で動詞の自動詞・他動詞や文型を意識してきた人なら、動詞を見れば、その後ろの文がどういう形になっているか 分かってくる頃だと思います。一つ例文を見てみましょう。文型や大雑把な訳し方が分かりますか?

ex 

これは 〜 find the key.(SVO) や 〜 find the question easy.(SVOC) などの簡単な文を沢山見ることで、その動詞がつくれる基本の文型(構文)が自然に身についていくからです。このサイトの 説明部分が、簡単な例文で紹介されているのもそういう理由です。 2 辞書で調べる時は自動詞・他動詞を確認しましょう

動詞を辞書でひく時には

 1 自動詞か他動詞か
 2 規則動詞か不規則動詞か
 3 文の構文はどの形をとれるのか
などを確認するようにしましょう。ただし確認する程度で十分で、一度に全部覚える必要はありません。 続けていれば、少しずつその感覚的なものが体に吸収され、自然に応用ができるようになっていくはずです。

ex He looked after me.  look after 〜の世話をする
    「彼が私の世話をしてくれた」

和訳だけで考えると二者関係は簡単に分かりますが、1講座の文型の単元でやったように、普通 前置詞句(after me)は文型に入りません。
[能動態]
やはり3つの書き換え部分を確認(後述)

主語(S) 述語(Vt) 目的語(O)
Helooked afterme.

[受動態]
⇒ I was looked after by him. ○

「前置詞2つつながるのはおかしい」と after を削除する人が多くいます。
⇒ I was looked by him. ×

look after の群動詞になってはじめて「〜の世話をする」の意味になるので、これでは 文の意味が変わってしまいます。前置詞が2つつながっても、文法的にこれで正しいのです。

実はこの群動詞のパターンは、熟語を知らなくても解けるものが多くあります。受動態に書き換えろというからには、 当然文中には二者関係があるはずです。書き換えでいつもやっている二者関係の把握をすると、 主語(S)と目的語(O)の間にあるのは、当然他動詞(Vt)の述語なので、そのはさまった かたまりが群動詞と分かるわけです。
take after は「動詞+前置詞」で1つの他動詞の働きをする例です。

主語(S) 述語(Vt) 目的語(O)
Helooked afterme.
← 前へ |  受動態トップ |  英文法トップ |  次へ →