受動態とはどういう表現?
受動態は「受け身」とも言われます。結局能動態も受動態も、同じ一つの場面を表しています。 下の例文で言うと、今までは「〜する人」(彼女)の立場からしか表現していなかっただけで、 逆の行為や動作を受け取る人「〜される人」(僕)の立場から見た時の表現が受動態というわけです。

能動態
受動態
「主語(S)の人が〜する」 表現が能動態です

「主語(S)の人が〜される」 表現が受動態です

彼女は 僕を 子供扱いする
僕は 彼女に 子ども扱いされる

自動詞(Vi)が受動態にできない理由がこれで分かりますか? 自動詞は行為の相手がいない、自分一人だけでできる行為なので、相手がいません。受動態は 他動詞(Vt)の文だけできるのです。「〜する人」が主語(S)に、「〜される人」は目的語(O)にあったっています。

受動態の形
受動態 = be + 過去分詞形 + by 〜 「〜に・・される
 

まずは受動態に気づけることが大事です。例えば He is loved 〜 とあれば、彼が好き(能動態)なのではなく、 彼が好かれている(受動態)ということが分かります。誰に?ということも表現する場合は、by〜で表すわけです。

注意点を一つ。過去分詞をこのサイトでは詳しく説明していませんが、 名前から「過去」と勘違いしないでください。過去分詞は過去を表す言葉ではないのです。単にそういう名前で 呼ばれているだけで、上の例文でいくと、am(現在) loved(過去分詞)から「時間は現在なの過去なの?」 と迷わないこと。時間はbe動詞が表しています。つまり現在。

← 前へ |  受動態トップ |  英文法トップ |  次へ →