that 節を含んだ文の受動態
1講座で目的語に that 節をとる文を扱いました。この that 節が二者関係に 当たった場合の受動態です。このパターンのポイントは、主語にまわった that 節を 代名詞 It で置き換え、 It 〜 that 構文になるところです。 5講座で先に It〜to 構文を先取りしておくと、もっと分かりやすく なると思います。

ex They say that he is intelligent.  (They は一般の人)
    「彼は頭がいいと言われている」

[能動態]
やはり3つの書き換え部分を確認

主語(S) 述語(Vt) 目的語(O)
Theysaythat he is intelligent.

[受動態]
⇒ That he is intelligent is said (by them).

長すぎる主語の that 節を It に置き換えると
⇒ It is said that he is intelligent
  「彼は頭がいいと言われている」

← 前へ |  受動態トップ |  英文法トップ |  次へ →