使役動詞・知覚動詞を含んだ文の受動態
使役動詞(make/have/let)・知覚動詞(see/hear/feel etc)は、5講座不定詞で扱う重要単語のグループです。 使役動詞の make を例にとると、
  1 後ろに動詞の原形がつながる
  2 「〜させる」 と訳す
といった特徴があります。 下の例文ならば、本来は to go と不定詞がつくところですが、その to が省略され、後ろに 動詞の原形の go が残った形になります。(文法書で原形不定詞の項を簡単に確認してみてください)

ex She made him go there.   (She made him to go there.)
    「彼女は彼をそこへ行かせた」

[能動態]
3つの書き換え部分を確認

主語(S) 述語(Vt) 目的語(O) 修飾語句
Shemadehimgo there.

[受動態]
まずは普通に書き換えると
⇒ He was made go there by her.

使役動詞の受動態なので原形動詞の前に to 不定詞を補います
⇒ He was made to go there by her. ○
  「彼は彼女にそこへ行かされた」

この答えは実は She made him to go there. (to がついているのでもちろん誤文) を 受動態に書き換えた答えと一緒になります。つまり使役動詞の文は、能動態で to 不定詞が 省略されていると考えれば、分かりやすいでしょう。

使役動詞・知覚動詞を含んだ文の受動態
原形動詞の前に to 不定詞を補う
 
← 前へ |  受動態トップ |  英文法トップ |  次へ →