次の各文の(  )内に適する語を入れなさい。 (  )内の動詞を適する形に直しなさい。
 
(1)
 
Look at the bridge over there which is now (    ) built.
1. being  2. been  3. be  4. was
 
(2)
 
Jane (    ) in a shower on her way to the bus−stop.
1. catch  2. caught  3. was caught  4. to catch
 
(3)
 
The article (    ) by Mr.Smith.  article 記事
1. is writing  2. is being write  3. is being written
 
 
 
ヒント
 
(1)
 
 
(  )の中に入る動詞も含めると、動詞が3つ並んだ形になります。be動詞の is の 後ろにつながるので、進行形の is 〜ing か、受動態の is 〜ed(過去分詞形) しかありません。 これで選択肢は1か2に絞られます。
(2)
 
  
イディオムを知っていればすぐですが、ここでは応用が利く解き方を紹介します。 4択問題で注目するところはその選択肢です。他動詞の catch が使われていますね。しかも (  )の後ろには前置詞の in a shower 〜 があり、どうやら目的語がありません。 他動詞を入れるにもかかわらす、後ろに目的語がない文は?と考えると受動態だと分かります。今まではこの視点が なかったと思うので、例文で確認しておきましょう。

ex The comedy was written by Shakespeare in the 15th century.
    「その喜劇は15世紀にシェークスピアによって書かれたものです」

この考え方は5講座不定詞の問題5でも紹介しています。色々な問題で応用できるので、ぜひマスターしてください。

← 前へ |  受動態トップ |  英文法トップ |  次へ →