2種類の目的語で重要なことは?


他動詞ask「尋ねる」を例にしましょう。「尋ねる」行為は当然「相手」がいなければできませんね。 また尋ねる「ことがら」も出てきます。つまり2種類の目的語をとれる動詞なのです。

ex. I asked him 〜  「私は 彼に 尋ねた」
I asked the question 〜  「私は その質問を 尋ねた」

上の例文のように、目的語が一つしかない文は問題ありません。ただしaskのように、動詞によっては2種類の目的語を同時に とれる場合もあり、その際英語では語順に注意しなければいけません。日本語の訳順とも比べてみましょう。

ex. I asked  him  the question.  「私は 彼に その質問を 尋ねた」
I asked  the question  him.×  「私は その質問を 彼に 尋ねた」

ここが日本語とは大きな違いで、英語では2種類の目的語を一つの文中で使う場合、基本的に「相手+もの(こと)」の 語順で置かなければいけません。この形で使われる動詞は限られてくるので、頻出のものだけでも暗記しましょう。 この目的語を2つ同時にとった形はSVOOの第4文型と呼ばれています。

2種類の目的語の語順
 他動詞(Vt) + 相手(O) + もの(こと)(O)
 第3文型 = S V O.
 第4文型 = S V O O.

第4文型(SVOO)になる動詞
 give 「〜に・・をあげる」  Give me some money.
 tell 「〜に・・を伝える」  Will you tell me how to use?
 show 「〜に・・を見せる」  Show me your textbook.
 ask 「〜に・・を尋ねる」  You can ask me anything.

第4文型は前置詞のto/forを使って「他動詞(Vt) もの(こと)(O) to/for 相手(O)」の第3文型に書き換えることが できます。どちらの前置詞を使うかは動詞で決まり、動詞が方向性を持つものならばtoを、そうでなければ forを使います。演習14で扱います。

ex. Show  me  your textbook. = Show  your textbook  to  me.

 

 前へ l  4品詞・5文型トップ l  英文法トップ l  次へ