補語とはどんなもの?


主語(S)・述語(V)・目的語(O)ときて、残りは補語(C)だけです。ただし補語は少し分かりにくい かもしれません。というより必要はないかもしれません。それよりも例文を丸暗記している方が よっぽど問題が解けます(暗記例文に入れておきました)。ここでは簡単に説明しますが、軽く読み流してください。

ex. He is. × 「彼はです」

彼は一体何者なんでしょうか?当然これだけではさっぱり分かりません。内容が完成していないので、 これだけで文が終わってはダメですね。この後ろに、例えば a student(名詞) や kind(形容詞) がくれば 、「彼は学生なんだ」「彼は親切な人なんだ」と分かります。

ex. He is a student.  「彼は学生です」
He is kind.  「彼は親切です」

これで文の内容が完成し、ピリオドで終われます。このa studentやkindが、 漠然としている主語(=He)の説明を詳しく補ってくれる 語なので、補語(C)と呼ばれています。補語には2種類あって、 主語(=名詞)の内容を補う場合と、目的語(=もちろん名詞)の内容を補う場合があります。 名詞の内容を補足するので、補語になれる品詞は 名詞と形容詞だけです。下に例文をあげましたが、補語の部分を指で隠すと文の意味が 完成していないことを確認してみてください。

ex. My dream  is  to travel all over the world. (Sの補語 →  V C
私の夢は 世界中を旅行すること です」   to不定詞の名詞的用法

The news  made  us  happy. (Oの補語 → S V O C
「そのニュースは 私たちを 幸せに した」   made「〜を・・させる」

補語(C) = 名詞・形容詞
補語(C) = 主語と目的語の説明を補う語
第2文型 = S V C.
第5文型 = S V O C.

 

 前へ l  4品詞・5文型トップ l  英文法トップ l  次へ