4品詞の修飾関係をいえますか?


ここで紹介する4品詞とは「名詞・形容詞・動詞・副詞」です。 結論から言うと、名詞と動詞がとても重要な役割をし、それを補う脇役として形容詞と副詞が います。つまり単語にも優先順位があるということ。英文を読みながら「知ってる単語」とか「難しそうな単語」という 意識ではなくて、「これは大事な名詞だ」とか「要らない副詞だな」、という意識で見てほしいのです。 慣れれば無意識にやっているようになりますよ。まず例をあげて名詞と動詞の確認をしましょう。

.名詞 = 本/日本/マイク/空気/心/価値観/寝ること(=睡眠) etc
動詞 = 歩く/寝る/考える/渡す/欲しい(=欲しがる) etc

大丈夫ですね。少し迷うところだと「寝ること」あたりですが、「寝ること=睡眠」という行為なので名詞です。 次は形容詞です。例えば「本」という名詞。このままではどの本のことか 分かりません。でも「私の」とか「表紙の赤い」「1000円の」という言葉がつけば、もっと詳しくなり、どんな 本なのかイメージが限定されていきます。名詞を詳しく説明(=修飾)する言葉、これが形容詞です。いつも名詞の近くにいるか くっついています。逆に後ろに名詞がつく言葉が形容詞とも考えられます。「友達の」→「本」。

形容詞 = 軽い/大きい/国土の狭い/清らかな etc

最後に副詞です。例えば「歩く」という動詞。色々と詳しくしてみましょう。速さは?「速く」「遅く」、場所は? 「川沿いに」「近くを」などがつくと歩く様子がより詳しくイメージできますね。他にも「一人で」や 「健康のために」→「歩く」なども副詞です。動詞を詳しく説明(=修飾)する言葉、これが副詞です。これも後ろに動詞がつく言葉が 副詞とも考えられます。「ちょっと」→「食べる」。

副詞 = ぐっすり/徹底的に/ちょっと/突然 etc

もう一つ、実は副詞は形容詞も説明(=修飾)できます。例えば「かわいい」→「女の子」。 「とても」→「かわいい」→「女の子」や 「最高に」→「かわいい」→「女の子」、「僕から見れば」→「かわいい」→「女の子」などが 副詞が形容詞を説明する例です。ただ「かわいい」というよりも、 よりイメージが具体的になりますね。このように漠然としているものをより詳しく具体的にイメージさせる 言葉が形容詞・副詞の修飾語句です

4品詞の修飾関係
 形容詞 = 名詞を修飾する言葉・後に名詞がつながる言葉
 副  詞 = 動詞(と形容詞)を修飾する言葉・後に動詞(と形容詞)がつながる言葉

飾る言葉(形容詞・副詞)と飾られる言葉(名詞・動詞)のどちらが重要なのでしょうか?飾られる言葉を「人」に例えると 飾る言葉は「洋服やアクセサリー」といったものに当たります。もちろん重要なのは、中心になる「人」の方、名詞・動詞の 方ですね。これが主役。英文の中ではこの名詞と動詞にたくさんの「アクセサリー(形容詞・副詞)」がくっついて、長く見えるだけ なのです。さらに言えば、副詞は脇役の形容詞も修飾するわけですから、重要度は脇役どころかエキストラくらいです。 最初のページでいきなり説明が多かったですが、この基礎力があれば絶対楽になりますよ。

4品詞の重要度
 名詞(主役) / 動詞(主役) / 形容詞(脇役) / 副詞(エキストラ)

 

 前へ l  4品詞・5文型トップ l  英文法トップ l  次へ