4品詞の応用力


4品詞の修飾関係を理解することで、どんないいことがあるのかその応用例を少し紹介しましょう。

1.副詞語句のとばし
単語は名詞・動詞を真っ先に暗記し、副詞は後回しにします。 文中で意味不明の副詞に出会ったら、とばしてもかまいません。副詞(〜lyが多い)は重要度が 低い脇役、というより小物ですから。それでも文の意味は十分に分かるはずです。

ex. We were talking over the phone, when sudddenly the line went dead.
「電話で話をしていたら突然切れた」

We were talking over the phone, when 〜 the line went dead.
「電話で話をしていたら〜切れた」 (副詞suddenlyを知らなくても内容は十分わかる)

2.不定詞句の用法判別(5講座)
中2で習う不定詞の用法判別「名詞的用法、形容詞的用法、、、」というのは、 実は文中での修飾関係と重要度を判別していたわけです。どこがどこを修飾しているのかが分かれば、 そこから文の大事な主役部分と少しいらない脇役部分を見分け、長文も大雑把に把握できるように なります。

ex. I have little time to talk with you. [形容詞的用法=timeを修飾している脇役部分]
君と話をする時間はあまりないんだ」

I have little time 〜. 
「〜時間はあまりないんだ」 (to不定詞以下を省略しても内容は十分わかる)

3.形容詞節・副詞節の削除による主文の把握(9・10・12講座)
1の語、2の句よりもっと大きなかたまりを節といいます(語<句<節)。4品詞の修飾関係が分かるようになると、 主文がこれだけ簡単に見えてきます。修飾語句(=形容詞・副詞の脇役)が実に文の半分をしめています。

ex. It is natural for people who know nothing about the alphabet, but who want to make a record of something or to send a message to one another, to do it by drawing a little picture. [下線部は形容詞節]

It is natural for people 〜, to do it by drawing a little picture. 
「〜の人々が小さな絵を描くことでそうするのは自然のことなのです」

 

4品詞と修飾関係を1講座にしている意味が伝わったでしょうか。要は文の全部の単語を知っている必要は ないわけで、文中にも優劣があることを知ってください。主文と修飾文を区別できるようになれば、最低限訳せばいいところも見えてきます。 その先には速読や問題の解法などの応用も広がっています。ぜひ1講座の内容をマスターしてから、2講座に進んでみてください。

使い方」のところでも書きましたが、このサイトは初級から中級者に対しての説明になってます。これが 応用となると少し話が違ってきます。例えば1では「副詞は小物」と言ってますが、ある程度のレベルに達した人になると、 今度はその副詞をヒントにして応用問題を解いたりします。ここでの説明は中級までの基礎固めだと思ってください。

 

 前へ l  4品詞・5文型トップ l  英文法トップ l  次へ