目的語とはどんなもの?


自動詞・他動詞の区別が大雑把にできればここは簡単です。他動詞はその行為をするのに、他に相手やものを必要と する動詞をいいました。この「行為の対象となる相手やもの」が目的語(O)と呼ばれます。つまり 他動詞の後ろには必ず目的語がつながります。この目的語を後ろにとった形はSVOの第3文型と呼ばれています。 (目的語が一つの文が普通ですが、2種類の目的語を同時にとって、 目的語が二つ並ぶ文もあります)

目的語(O) = 名詞
目的語(O) = 行為の対象となる「相手」や「もの(こと)」
他動詞 目的語
teach
 Vt
them English
  O    O

他動詞と目的語の間に副詞がわりこんでくることもあるので、「相手」や「もの(こと)」であることを確認して、目的語を 判別しましょう。

ex. I can't make out the question.
「私はその問題が理解できない」

これで主語(S)・述語(V)・目的語(O)まで習ったことになりますが、述語の動詞に着目すると 文が見えやすくなるのが分かると思います。

ex. To know the past of an indivisual helps us to know him better.
「個人の過去を知ることはその人をより理解するのに役立つ」

上の例文では、To knowは名詞・形容詞・副詞用法のどれかなので、この文での述語(V)は、 他動詞のhelpsだと分かります。そうなるとhelpsの前までが主語(S)、後ろが目的語(O)という大きな形も 見えてきます。このように述語の動詞が文の大きな形を教えてくれるので、2〜7講座では まず動詞に関係した文法を説明していきます。

 

 前へ l  4品詞・5文型トップ l  英文法トップ l  次へ