完了形の3用法と訳し方


完了形(=have+過去分詞)を一言で表すと「時間の幅」をイメージさせる表現です。この点では単純形・進行形と大きく異なるので、 区別もしやすいと思います。

ex. He lives alone. 「彼は一人暮らしです」[習慣・状態]
He has lived alone since a child. 「彼は子供の頃から一人暮らしです」[継続]

完了形は1つの形で大きく3種類に訳せるので、文中でどの訳がふさわしいか自分で判断しなければ いけません。めんどくさいようですが、次で説明するシグナルに注目すれば 訳しやすくなると思います。ここでは3種類の用法を確認しておきましょう。 (和訳はおもてに表れない場合も多くあります)

完了形の形
 完了形have過去分詞

完了形の3用法と訳し方
  [継続] ずっと〜の状態である場合 「(ずっと)〜である」
  I have known him since a child. 
  「彼を子供の頃から知っています」 (←子供の頃から今までの時間の幅)

  [経験] 〜回という経験がある場合 「〜したことがある」
  I have met him twice. 
  「彼に2回会ったことがある」 (←生まれてから今までの時間の幅の中で)

  [完了] 何かの状態を終えた場合 「〜したところだ」
  She has just arrived. 
  「彼女はちょうど着いたところだ」 (←移動を始めてから終えるまでの時間の幅)

 

 前へ l  時制トップ l  英文法トップ l  次へ