時制3表現の形と使い分けは?


時制というと、現在・過去・未来の3つを想像しますが、英語で言う時制は、「時間に関わるところの表現」 なのです。時制の3表現は、それぞれ違った内容を相手に伝えるよう使い分けられています。 playを例にした3つの形です。例文でその感覚をつかんで下さい。

時制3種類の動詞部分の形
 単純形(play

 進行形(is playing

 完了形(have played

= [習慣][状態][不変の真理] の内容のとき
  普段の習慣の行為や状態はシンプルな[単純形]
= [進行中] の内容のとき
  実際行為をしているのは[進行形]
= [経験][継続][完了] の内容のとき
  時間的な幅がある行為や状態は[完了形]

ex. He smokes.  単純形だと習慣の行為を表すので
「彼はタバコを吸っている →彼は喫煙者です」

He is smoking.  進行形だと進行中の行為を表すので
「彼がタバコを吸っている →彼は(今)タバコを吸ってるよ」

I have known him since a child.  完了形だと時間的な幅がある行為を表すので
「彼のことを子供の頃から知っています」

3つ目の完了形はその単元の先取りになりますが、さらに3種類の用法(訳し方)があり、 どれで訳すのかは文中で判断します。簡単に3つの意味を確認しておきましょう。

完了形の形
 完了形=have+過去分詞

完了形の3用法と訳し方
  [継続] ずっと〜の状態である場合 「(ずっと)〜である」
  I have known him since a child. 
  「彼を子供の頃から知っています」 (←子供の頃から今までの時間の幅)

  [経験] 〜回という経験がある場合 「〜したことがある」
  I have met him twice. 
  「彼に2回会ったことがある」 (←生まれてから今までの時間の幅の中で)

  [完了] 何かの状態を終えた場合 「〜したところだ」
  She has just arrived. 
  「彼女はちょうど着いたところだ」 (←移動を始めてから終えるまでの時間の幅)

時制問題を考える時は、現在・過去などの時間にとらわれずに、「まず3つの表現のどれを使うか?」を 考えましょう。シグナルを覚えておけばかなり楽になります。例えば
every day 「毎日」が文中にあれば → 文は[習慣]の内容をいっているので → [単純形]で表現する
と分かります。次にシグナルの一覧をまとめておきました。

 

 前へ l  時制トップ l  英文法トップ l  次へ